AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2005年12月の記事一覧

大晦日

2005.12.31
PC310018.jpg

2005年最後の夕日です。
この一年、ありがとうございました。
PC310007.jpg

PC310003.jpg

PC310016.jpg

PC310010.jpg

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

今年もあとわずか・・・

2005.12.29
この前 銀塩で撮ったホカケトラギス

思った通り 露出しくじってた・・・。

今日も撮りに行きたかったけれど

家の片付けと年賀状書きに追われてしまった。

写真の整理もしなくては・・・はぁ。
テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

12月28日 ログ

2005.12.28
PC281189.jpg

本日は風もほとんどなく、
静かでのんびりとした一日でした。

最高気温 8度
水温13~14度
透視度 湾内12~15m 外海15~20m 先端12~15m

ダイバーの数も少ないので、
のんびりとフィッシュウォッチングできます
・・・が、ちょっと寒いっす!
柵下のハナタツは体色がくすんでます。
面白い生物が現れる可能性が高いので、
防寒対策をばっちりとして
海中観察を楽しんでください。

PC281190.jpg

先端の水深14mには大きなウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)が3個体活発に動き回っていました。
テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ヤリイカ

2005.12.27
20051227_134610.jpg

水温も下がり、ヤリイカの産卵のシーズンがやってきました。
水温が高めだった昨年は、ヤリイカの数があまり多くありませんでしたが、今年はどうなるでしょう?
このヤリイカのいた漁礁の下には、半透明の卵塊がいくつも産みつけられていました。

20051227_104544.jpg

柵下10mの砂地には小さなホソハスエラウミウシがはっていました。
湾内ではよくウミサボテンのまわりにいるウミウシです。

20051227_110232.jpg

ジュズエダカリナというカイメンの脇では、
キリンミノが寒さに耐えていました。

20051227_132234.jpg

湾内のタカクラタツは健在ですが、
またしても下を向かれてしまいました。

20051227_131752.jpg

セトミノカサゴの胸鰭は相変わらずきれいですね。

20051227_132740.jpg

遊泳性のウイゴンベも寒くて動けないのか、
石の上でじっとしていました。

なんかいろいろ出そうな予感の大瀬崎でした。
テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

三保 真崎

2005.12.26
20051226_094346.jpg

イントラ仲間二人と静岡県清水区の三保・真崎に潜りに行ってきました。
ここは、自分がOWからDMまで学んだ懐かしの場所でもあります。
師匠であるアイアンの鉄氏から情報をもらってから潜りに行きました。
西寄りの風が大変強く、砂煙が舞うほどでした。

水温:水面13度 水底14度
透視度:12~13m 良好です!

20051226_104620.jpg

シュスヅツミガイやツリフネキヌヅツミガイはいたるところに・・・。

20051226_103722.jpg

コウイカのペアは大きくて迫力があります。

20051226_130522.jpg

大瀬では自分と相性の悪いヨコスジイシモチも三保ではよく見られます。

20051226_131314.jpg

35cmほどのアンコウにも会えました。

20051226_133146.jpg

個人的に好きな悪役っぽいムラサキウミヘビ・・・また撮っちゃった。

20051226_110240.jpg

ベラギンポやトビギンポが浅場の砂地にたくさん隠れていました。

他には、ハゴロモハゼsp.のペア・ヒレナガハゼ・アカオビシマハゼ・ヒメハゼ・クロイシモチなどなど、楽しいダイブでした。

アフターダイブはフィッシュで一杯。
ごちそうさまでした~。
テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎以外    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ヒメの幼魚

2005.12.25
20051225_100346.jpg

先端に2ダイブしました。
ホカケトラギス狙いで行ったところ、
ヒメの幼魚に出会いました。
一眼写真があがったら、
大瀬崎の海水魚にでもアップします。
今日は見づらい画像で我慢してください・・・。

20051225_101232.jpg

水深8mほどのところでは
テングチョウチョウウオの幼魚が
岩の隙間に身を潜めていました。

ホカケトラギスは雌の個体に会えました。
人気のクマドリイザリウオの幼魚も健在です。
テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

イシバシウミウサギガイ

2005.12.24
PC241074.jpg

先端 水温14度 透視度10~12m

シキシマハナダイを追っていたら、
あっという間に時間切れになってしまいました。
先端では、ホタテエソyg・シマヒメヤマノカミ・ミナミハナダイ・クロホシイシモチの群れの中のキンメモドキ・ヒメユリハゼ・低水温で衰弱した?イトマンクロユリハゼ・イシバシウミウサギガイ・食事中のウデフリツノザヤウミウシ・サキシマミノウミウシなどを観察しました。
PC241076.jpg

PC241100.jpg

PC241096.jpg

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

キアンコウ

2005.12.23
20051223_144222.jpg

20051223_144410.jpg

20051223_145158.jpg

20051223_145548.jpg

1ダイブ目の先端では、
シキシマハナダイを追いかけてたら、
ほとんどそれだけで終わってしまいました。
浅場へ戻りながら、オキトラギス・ホタテエソ・ミナミハナダイ・ベニイザリウオ・キヘリキンチャクダイなどを見ました。

2ダイブ目は
先週見つけたクマドリイザリウオを見に行こうと思いましたが、
常連のダイバーが「湾内に大き目のキアンコウがいたよ。」
と教えてくれたので湾内に変更。
たくさんのダイバーがキアンコウを見に集まっていました。

今日も南西強風の一日でした。
20051223_113932.jpg

20051223_112744.jpg

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

12月21日(水) ログ

2005.12.21
PC210962.jpg

水温14度です。
ちょい、しびれました。
この水温が定着すれば
おもしろ生物が増えるかもしれませんね。

PC211018.jpg


気温9度、
透視度10m、
昼頃から南西風が強まり、
外海の両端(柵下・タマザキ)は
特に荒れてしまいました。

外海では、ベニイザリウオ・ハナタツ・サクラダイ・スジハナダイ・マアジの群れ・ヒメギンポ・オオガラスハゼ・アオサハギ・ゼブラガニ・アカホシカクレエビ・チビウミシダエビなどが見られました。

PC211024.jpg

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

12月18日(日) 先端と湾内

2005.12.18
20051218_103044.jpg

今日も西寄りの風が吹きましたが、
湾内側は昨日よりも風の影になったので
思ったほど寒くはなかった気がします。
でも冬将軍がやってきて、気温は最高でも7度。
全国的には大変な気候になっているところが多かったようですね。

透視度は全体的に10m位。
水温は相変わらず低く15~16度。
インナー増やし、ホカロン貼って対応しました。
寒いとはいえ、海中は楽しいですよー。

先端では上のミレニアムマツカサウミウシやサキシマミノウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)などのウミウシ類やツリフネキヌヅツミ・ベニキヌヅツミ・トラフケボリなどの巻貝類が。
20051218_102622.jpg


水温が水温だけにハゼ類は見に行きませんでしたが、
クマドリイザリウオやキヘリキンチャクダイは健在です。
ミナミゴンベの幼魚もかわいかったな・・・。
20051218_103608.jpg


3本目の湾内では最大水深を10mに抑えて潜りました。
テンジクイサキの群れの中にギンガメアジが1匹・・・がんばれ!
テンジクイサキの幼魚も3個体ほどブイに寄り添っていました。
キビナゴの群れ・イシダイ幼魚の群れ・オヤビッチャ・イボガザミ・トラフカラッパなど。
20051218_153204.jpg


メガネウオもよく見かけるようになりました。
20051218_151950.jpg


被写体はたくさんありますので、ぜひ大瀬へ!
テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

クマドリイザリウオ

2005.12.17
20051217_222646.jpg

今年も例年通り来てくれました。
大瀬崎の先端で見つけたクマドリイザリウオの幼魚です。
背の低い海藻に埋もれるように潜んでいました。
大瀬崎で見られるイザリウオの仲間の中でも
ダントツに人気のある種類です。
左上は指示棒で、一目盛り1cmです。
早くも水温は15~16度と低くなってしまいましたが、
少しでも長くいてくれるといいですね。

その他、先端では
ツリフネキヌヅツミガイはよく見られています。
インパクトのある模様と形がいいですよね。
20051217_223203.jpg


フリエリイボウミウシは
イソギンチャク畑や消火栓前などで長く観察されています。
20051217_225028.jpg


それにしても寒い!楽しいけど・・・。
真冬仕様で潜りましょう。
テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

12月17日大瀬崎湾内

2005.12.17
大瀬崎の湾内も水温低いです。
でも水温が下がると、
ウミウシ類や深場に生息する生物が現れるので、
特に湾内は楽しくなります。
しっかり防寒対策をしましょう。

マトウダイ・テングノオトシゴ・モンガラドオシ・
セトミノカサゴ・マゴチ・ミジンベニハゼ・クロイトハゼ・
ネジリンボウ×5・キヌヅツミガイの仲間などが見られました。
20051217_225228.jpg

20051217_225059.jpg

20051217_224917.jpg

20051217_225147.jpg

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ミジンハウスのミジンベニハゼ

2005.12.13
20051213_130414.jpg

大瀬崎湾内23m、
「ミジンハウス」と呼ばれている漁礁の
ミジンベニハゼです。
黄色い体色と緑の眼が人気の小さなハゼです。

今日の大瀬崎は気温8度、透視度10m、
水温は16度と寒いです。

水深19mのタカクラタツ、
水深28mのピカチューことウデフリツノザヤウミウシ、
水深18mのヒレナガネジリンボウ、
水深8mの今年来たネジリンボウ、
水深7mのハチマキダテハゼ、
その他、メガネウオ・キビナゴ・ブリ(ワラサ)など見られました。
タカベは数が減りつつもまだ観察されています。
桟橋近くではナンヨウツバメウオの幼魚も見られたそうですよ。

今日も西寄りの風が強く吹きました...さぶっ。
風邪ひかないようにー・・・。
20051213_131208.jpg

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

先端のハゼ

2005.12.11
20051211_101308.jpg

水温下がってきました。
平均で17度です。
場所によって16度を記録しました。
さらにインナー増やさなきゃ・・・。

今週も大瀬崎先端のハゼを観察しに行きました。
今日の天気はくもりで、ちょっと薄暗い10時エントリー。
水温は低いし、南方系のハゼはかなり神経質になっているはず・・・。
特にキツネメはダメだろうな~、
・・・と思ったら、ピコッピコッ、
小刻みに上下動をしながら表に出ていました。

その他ハゼの仲間では、ヤツシハゼsp.7・シュンカンハゼ・イトマンクロユリハゼ・ヒメユリハゼ・ホシハゼなどが見られました。

20051211_101856.jpg

あとは、
コエダモドキにツリフネキヌヅツミガイ、
決まった場所にアカオビハナダイ、
ボラの群れの中に1匹だけギンガメアジ、
キビナゴを追いかけるワラサ、
イトタマガシラの溜まり場、
砂地にはキビレミシマ、
水深1.5mあたりには1匹だけシマハギの幼魚がいました。

南のハゼ類、シーズンが終わる前に撮りましょう。
テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

湾内のメガネウオ

2005.12.10
20051210_102346.jpg

本日は西寄りの風がめちゃめちゃ強い一日でした。
これからの季節は、西高東低の気圧配置となる日が多くなり、
西寄りの風が吹きやすくなります。
外海は大荒れで潜れませんでしたが、
湾内と先端では横風が強いものの潜水可能でした。

湾内では、テングノオトシゴ・タカクラタツ・アキアナゴ・ネジリンボウなどが見られました。写真のメガネウオもよく見られるようになってきました。
テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(1)   ↑Top

アカオビハナダイ

2005.12.04
M0010217.jpg

大瀬崎の先端では数ヶ所でアカオビハナダイが見られます。
この写真の個体は水深8mの浅場で撮った個体です。
この時期のハナダイ類もいいですよね。
ホカケハナダイも2個体見かけました。
テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

大瀬崎先端のカスザメ

2005.12.04
M0010209.jpg

大瀬崎の先端の18mあたりを潜っているときに泳いできたカスザメです。
深場の方へ泳いでいったので、ついて行ってみました。
なかなか止まってくれず、31mでようやく着底してくれました。
大瀬崎でカスザメが見られるのは主に外海側で、
先端で見たのは今回が初めてです。
光量の少ないコンパクトデジカメの内部ストロボで、
1mを越えるカスザメを水深30mで撮るのは
光がまわらず、ノイズも出やすいのでちょっとつらいです。
こんなとき、ビデオライトのようなライトがあれば便利なんですが、
持ってなかったので、絞りを開けスローシャッター。
ほとんど自然光で撮りました。
テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

キビレミシマ

2005.12.03
20051203_134448.jpg

大瀬崎先端の砂地ではキビレミシマがよく潜んでいます。
近い仲間のメガネウオより少し隠れるのが上手ですが、数は少なくありません。
見つけるコツがわかると楽しいですよ。 
テーマ:写真日記 - ジャンル:写真
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.