AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2006年02月の記事一覧

モーツァルト生誕250周年

2006.02.28
mozart.jpg

クラシック音楽のCD、
生まれて初めて購入しました。

モーツァルト効果というのが話題になっているらしく、
モーツァルト(ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト)の音楽には集中力を高めたりストレスを軽減したりと、様々な効果があると言われてるようです。

そんな話に踊らされ買ってしまいました・・・。

今年2006年はモーツァルトの生誕250周年ということもあって、店にはいろんなCDが並んでいました。

ちなみにモーツァルトの誕生日は1月27日、
オーストリアのザルツブルクに生まれ、
3歳から演奏をはじめ、
5歳で初めての作曲、
36歳という若さで死去、
下書きのない作曲方法から天才と称されました。

写真の「100曲モーツァルト」は10枚組のCDアルバムで、
1枚ごとに、映画のモーツァルト・頭すっきりモーツァルト・おはようモーツァルト・おやすみモーツァルト・仕事がはかどるモーツァルト・ほっと一息モーツァルト・ドライブモーツァルト・癒しのモーツァルト・親子で楽しむモーツァルト・マタニティモーツァルトのタイトルによって選曲されていますので、シチュエーションによって聴きわけることができるので、僕のようなクラシック素人にはとっつきやすいかも・・・。

OSEZAKI GUIDE」にも載せておきました。

「おやすみモーツァルト」を流しながら寝ていますが、
今のところ効果はわかりません・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
アイテム    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月26日 大瀬ログ

2006.02.26
P2260002.jpg

天候:雨 気温:9度 水温:13度 透視度:15m。

本日は雨のため薄暗い天候だったものの、透明度は良好で、予想以上に明るい海でした。ビーチには大量の海藻が打ち上げられていました。

P2260006.jpg

先端ではタコアシサンゴにハクセンアカホシカクレエビがついていましたがちょっと深めです。ゆっくり撮ってみたいな~。

P2260008.jpg

P2260009.jpg

P2260014.jpg

P2260022.jpg

カナメイロウミウシやスイートジェリーミドリガイをはじめ、ウミウシ類はいろいろ見られました。

P2260027.jpg

ヒレナガカサゴです。
遊んで撮ってみました。

P2260031.jpg

そして今日もメガネウオ・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月25日 大瀬ログ

2006.02.25
P2250001.jpg

天候:晴れ 気温11度 水温13度 透視度 15~20m。

東の風がやや強い一日でしたが、富士山がくっきり見える晴天となりました。透明度は良好で、湾内でも15mは見えていました。水温も脅威の12度から1度ばかり上昇しているので、ちょっと楽でした。

2本は初ドライスーツの方と潜り、1本はデジイチ(デジタル一眼レフ)の常連と潜りました。

湾内ではテングノオトシゴやヒレナガカサゴが人気のようです。相性のいいメガネウオは今日も顔を見せてくれました。マトウダイも相変わらず見られていますが、ちびマトウもふらついているそうです。
外海のクマノミノペアは何とか寒さに耐えています。ミルにはミドリアマモウミウシやナガレモエビが見られました。

早くも2月末。
日が少しずつのびてますね。
来月からはやや潜水時間が延びるので、
もう少しゆっくりできますよ~。
 
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(1)  TrackBack(0)   ↑Top

湯治場 ほたる

2006.02.19
VFTS0048.jpg

2005年12月24日、
伊豆市上船原にオープンした完全掛け流しの湯です。

まだあまり知られていないせいか
お客さんは少ないです。

「百笑いの湯」と同じ、
時之栖(ときのすみか)系列の温泉ですが、
そんなに広くはありません。
3つに分かれた露天風呂はそれぞれ温度が違います。
発泡素材の浮き具があり、
ぬる目の浴槽で、子供は喜んで泳いでました。

百笑いと同じく無料マッサージチェアーも完備です。
コーヒーも無料です。
バスタオルはつきませんが、
フェイスタオルは料金に含まれます。

一日券1,200円(小人700円)、60分立寄券700円(小人500円)。
小人は5歳以上6年生まで。

館内はだだっ広くスースー冷えるので風邪をひかないように!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
温泉    Comment(1)  TrackBack(0)   ↑Top

2月19日大瀬ログ

2006.02.19
20060219_100632.jpg

最高気温10度、水温12度、透視度8~12m。

今日は先端をちょっと深めに潜りました。
シキシマハナダイやアサヒハナゴイなどを観察しましたが、
新たな出会いはありませんでした~。

しっかし低水温が続いています。
周年見られるキンギョハナダイも動きが鈍く、
岩の間で死んでいるようにジッとしていました。

ここ10年の大瀬崎での平均的な最低水温は14度位です。
昨年は一昨年と似た傾向で、
一時14度前後まで下がりましたが
すぐに水温が上がり、
結局16度あたりで安定したため
ネジリンボウをはじめ、
たくさんの南方系生物が越冬しました。

今年はクマノミも苦しそうです。
たまには水温がぐっと下がると面白いかな?
と思ったりしましたが、
今の魚たちを見ているとちょっとかわいそうになりました。
今年の水温上昇はいつになるでしょうか?

20060219_094814.jpg

キハッソクは寒さに強いのか、
ふっつーに泳いでいました。

20060219_102438.jpg

このピカチュウは水深5mです。
今まで見た中で最も浅い水深で見ましたが、
近くに繁殖の相方はいなかったので、
ダイバーに上げられてしまった可能性もあるかも!?
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月18日 大瀬ログ

2006.02.18
初ドライスーツの二人と潜りました。

大瀬崎の水温は12度代・・・。
引き続き低水温が続いています。

お二人の経験上、最低水温でのダイビングとなりましたが、
思ったほどは寒くなかったそうです。

車の中でも大変楽しい話を聞かせてもらいました~。
テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月17日 大瀬ログ

2006.02.17
P2170335.jpg

天候:くもり 最高気温:10度 水温:12度 透視度 外海:10~12m 湾内:8~10m。

昨日より透明度が良くなっていました。
外海は低気圧によるうねりがやや入っていましたが、
潜水可能でした。

上の写真は通称ナマハゲミノウミウシです。
よく見ると確かにナマハゲの顔みたいです。
10年ほど前に観察した時とは違い、
最近ではけっこう人気があるようです。


P2170338.jpg

アカオニナマコをよく見てみると、
2匹のナマコマルガザミがついていました。
こいつも写真映えする被写体です。

P2170359.jpg

相変わらず水温は冷たいですが、面白い生物もいっぱいです。

P2170345.jpg

たくさん茂っている海藻の陰では愛嬌のあるアオサハギが・・・。

P2170362.jpg

水温12度が定着しているせいか、
カサゴ・クロホシイシモチ・ハリセンボンなどの死骸が
湾内の砂地上に目立ちました。
周年見られるレギュラー生物にとっても
この水温はキツイようです。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月16日 大瀬ログ

2006.02.16
P2160328.jpg

今日は一日中くもりか雨が降る、薄暗い一日となりました。
大瀬はガラッとしてます。

外海も一応潜ることができましたが、
低気圧によるうねりが出てしまいました。

最高気温:10度 風向:北東 水温:12度 透視度7~8m(湾内・外海とも)。

今日はバッテリートラブルでほとんど写真が撮れませんでした。
はずかしー!

>Wさま
寒い中のドライ水没、お疲れ様でした。
また今度遊びましょう!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

2月15日 大瀬ログ

2006.02.15
P2150320.jpg

とにかく あったかい一日でした。
陸上では半そでTシャツでもOKでした。

天候:晴れ 最高気温:19度 水温:12度 透視度:7~8m。
外海はうねりが入り、一部潜水不可となりました。

P2150318.jpg

ツノザヤ系ウミウシもよく見られています。

P2150322.jpg

>しじまるさん
メガネウオ、今日も会えましたよ。
この前はどうだったんでしょ?

P2150324.jpg

砂地止めの石垣周辺ではハナミノカサゴがひらひら・・・。

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ハワイウツボ

2006.02.14
P2140304.jpg

天候:晴れ 最高気温:15度 水温:12度 透視度:8~12m(外海)。

写真は普段、深めの水深に生息するハワイウツボですが、今のような低水温期には比較的浅い水深で見られることがあります。こいつは水深27mで見られました。

水温12度とかなり冷たいですが、面白い生物の出現を期待しましょう!

P2140312.jpg

黒ゴマ饅頭のようなイザリ君です。

P2140314.jpg

P2140305.jpg

相変わらずウミウシはいろいろと見られていますよ。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

カンナツノザヤウミウシ

2006.02.12
P2120283.jpg

最高気温:10度、天候:晴れのちくもり、水温:13度、透視度8~10m。

昨日見た先端のカンナの所へ今日も行ってみました。
・・・全く同じ場所にいてくれました。

P2120303.jpg

2mほど離れたところには
ミズタマウミウシのペアがいました。
しばらく観察していると
交接し始めました~。
ところで、現在の大瀬ではこの写真のタイプ(体に黒斑)がよく見られています。黒と橙の模様が入っているタイプとは生息環境が違うことも含め、個人的には別種だと思うんですが、皆さんどうでしょう?

今日は他に、
マトウダイ・ホカケトラギス・オキトラギス・ハナビヌメリ・クロウシノシタ・トラフカラッパ・ハクセンアカホシカクレエビ・オーストンフクロウニ・ヒラムシの仲間・ゴマフビロードウミウシ・サラサウミウシ・コモンウミウシ・ヒロウミウシなどを観察しました。
ゴマちゃん(ゴマフビロードウミウシ)は、白いものと黄色いものが見られましたが、大瀬では白いタイプも多いです。
寒いけれど、今日もゆっくり潜ることができましたー。

P2120263.jpg

P2120276.jpg

P2120266.jpg

P2120273.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月11日 大瀬ログ

2006.02.11
P2110262.jpg

最高気温11度、晴れ、水温13度、透視度:湾内8~10m 先端10~12m。

午後から西よりの風が吹き出しましたが、昼位までは比較的暖かくなりました。

先端では撮りやすく、いいサイズのカンナツノザヤウミウシがいました。
それにしてもウミウシの季節がやってきた、って感じです。
アカボシウミウシ・ゴマフビロードウミウシ・サラサウミウシ・コモンウミウシ・シラユキウミウシ?・ミツイラメリウミウシ・サキシマミノウミウシなどが見られました。

湾内では、これまた撮りやすいミズタマウミウシが見られました。
少し透明度がダウンしましたが、
セトミノカサゴ・ホウボウ・トゲカナガシラ・キビレミシマ・タマガシラ・トガリマルガザミ・ヒメイカ・ヤリイカ卵塊・スイートジェリーミドリガイ・ミドリアマモウミウシなどを観察しました。

P2110259.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(1)  TrackBack(0)   ↑Top

2月10日 大瀬ログ

2006.02.10
P2100253.jpg

最高気温8度、水温13度、透視度 湾内8~12m 外海10~12m。
西寄りの風が強い一日で外海は荒れ模様です。
富士山は今日もくっきりきれいです。

P2100232.jpg

外海の砂地におりたらヒメギンポがこんなところに・・・。

P2100236.jpg

タコアシサンゴ、きれいですよね。
これにきれいなエビでもついてたらいいんですけどね。

P2100248.jpg

ナシジイソギンチャクにはアヤトリカクレエビが擬態していました。

P2100242.jpg

そしてニクイロクダヤギにはクダヤギクモエビが擬態してましたー。

P2100239.jpg

岩陰にはマツカサウオが隠れていました。

P2100244.jpg

同じく岩陰で個人的に大好きなダイダイヨウジが・・・。
ヨウジウオ類ではとび抜けてきれいだと思いますがどうでしょう?

P2100258.jpg

湾内ではマトウダイがたくさん見られます。

P2100255.jpg

長く居てくれてるテングノオトシゴはここまで成長しました。

週末、面白い生物が現れるといいですね~。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ニュー八景園 天空風呂

2006.02.08
fuji1.jpg

富士山もくっきり、眺望の良い温泉です。
天気がいい日の夕方がおすすめ。
平日1,500円、土日祝2,000円とちと高め。
17時以降なら500円OFFになります。
館内着・バスタオル・手ぬぐい・シャンプー・リンス・石鹸、全部揃ってるので何にもいりません。

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
温泉    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

一本松のキアンコウ

2006.02.05
P2050213.jpg

透明度10~15m、気温6度、水温12~13度(さぶっ・・・)。
朝、伊豆長岡で車に乗ろうと思ったら、うっすら雪が積もってました。

写真は先週から一本松に居ついてくれてるらしいキアンコウです。
「12月末に湾内で観察されたキアンコウですかねぇ?」と何人かに聞かれたので、撮った写真を見比べて見ました。・・・どうやら別者のようです。
今日の外海ではやはりこのキアンコウが人気者でしたが、クダゴンベ・ハナタツ・キサンゴカクレエビ・アナモリチュウコシオリエビも健在です。

P2050230.jpg


湾内では鵜の仲間?がクロホシイシモチを潜りながら追いかけまわして捕食していました。テングノオトシゴ・ノコギリヨウジ・サギフエ・ヒメサツマカサゴ・セトミノカサゴ・トゲカナガシラ・クロイシモチ・ミジンベニハゼ・コシオリエビの仲間・ピカチュウ(交接も)・スミゾメミノウミウシ・ヤリイカ卵塊・ヒメイカなどが見られていますよ。

P2050220.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月4日 大瀬ログ

2006.02.04
P2040195.jpg

海中はやや白っぽいものの10~15mほどの視界がありました。
水温は13度と低いです。

東京でダイビングフェスティバルが開催されてることもあるのか、ダイバーの少ない一日でした。特にショップのツアーはほとんど見ませんでした。

いまいちですが、ホカケトラギスの背鰭がわかる写真を大瀬崎の海水魚にアップしましたので、どうぞ見てやってください。

P2040200.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.