AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2006年05月の記事一覧

5月23日 大瀬ログ

2006.05.23
VFTS0003.jpg

風邪、長引いてます。
今日は50本記念ダイブの若いゲストでした。
・・・が、耳が全く抜けない・・・。
うんともすんとも言わない・・・。

金曜には風邪の気配を感じたので、
病院に行って、
「即日治る強力な薬ください!」
と言ってもらった薬を飲んでたにもかかわらず、
最悪の状態・・・。
「これじゃあ、薬飲んだ意味がない!」
と愚痴をこぼしながら、
ナガにバトンタッチ。

自分は記念写真と記念映像を撮る係に。
もちろん陸上で・・・。
あたたかい陽気でしたー。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(5)  TrackBack(0)   ↑Top

5月21日 大瀬ログ

2006.05.21
P5210011.jpg

今日はファンダイブと体験ダイブ。
浅場の濁りが目立ちます。
透視度は4~10mの範囲で
時間によっても変化してます。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月20日 大瀬ログ

2006.05.20
P5200005.jpg

風邪ひきましたー。
プロ失格、罰金ものっすね。
何とか耳抜きできたので潜れましたが、
お客さんにもご迷惑かけました。
それにしてもこの風邪
しつこそうです。

マンボウは湾内だけでも
多くの目撃情報がありました。
絶対見る!という執念のある人間が
どうやらよく見てるもよう・・・。

P5200006.jpg

ツノザヤウミウシ、
さらにでかくなってます。

P5200007.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

パソコン整理

2006.05.19
P5190003.jpg

パソコンが1台増え、セッティングとボードの組み換えをしましたー。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
アイテム    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

メガネウオの下顎突起

2006.05.18
20060518_092234.jpg


場所:大瀬崎 天候:小雨時々くもり 風向:東 最高気温:17度 水温:17度 透視度:湾内3~7m 外海5~10m

昨日より少し透明度がいい一日でした。
外海はコンクリートのスロープを補修したので、
かなりEN&EXが楽でした。

写真はメガネウオです。
きれいですが死んでます。
メガネウオはゴカイ類に似た舌状の突起物を持っています。
これを時々、舌のようにベロ~ンベロ~ンと出し入れします。
以前、この突起物がどこについているのか?
なんて仲間と話したことがあったのを思い出し、
いい機会なので観察してみました。
突起は口のすぐ内側の下顎についているのがよくわかりました。

この後、元気なメガネウオにも会えました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

フトミゾエビ

2006.05.17
20060517_195016.jpg

大瀬は今日も濁りのため
視界の良くない海でした。
ナイトでは写真のフトミゾエビの他、
たくさんの甲殻類や貝類が見られました。
今日はナイトダイビングを行っているダイバーが
ほとんどいなかったので、
暗くてナイトらしいダイビングが楽しめました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月16日 大瀬ログ

2006.05.16
P5160035.jpg


透明度、一気に悪くなりました・・・。
透明度は2~5mでした。
まぁ 今日はアドバンスの講習なので
いい練習になりましたが。
さすが伊豆の海・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月15日 大瀬ログ

2006.05.15
P5150025.jpg


天候:晴れのちくもり 風向:東 最高気温:21度 水温:17度 透視度:湾内8~12m 外海10~15m

天気が良く穏やかで、外海も全て潜水可でした。
外海のコンクリ・スロープの補修工事が潜水協会他により行われました。
これでエントリーが少し楽になると思います。

マツカサウミウシの仲間が産卵してました。(写真上)

ムチカラマツにはイボイソバナガニが。
ちょっと見づらい写真でした・・・・。
P5150023.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月14日 大瀬ログ

2006.05.14
天候:くもり 風向:西のち東 最高気温:18度 水温:16~17度 透視度:湾内7m 外海8~10m 先端7~8m

昨日よりは透明度いいかな?
気温も低くなかったし、
マンボウも若干浅いとこで出てたらしいっす・・・。

5月13日 大瀬ログ

2006.05.13
P5130021.jpg

天候:雨 風向:北東 最高気温:14度 水温:16~17度 透視度:湾内6~7m 外海8~10m 先端6~7m

朝から雨となり、肌寒い一日でした。
そんな中でも、大瀬にはたくさんのダイバーが来てました。
本日はファンダイブとアドバンス講習を行ないましたが、
寒い中、みなさんお疲れさまでした。
海の中のほうがあったかかったかも・・・。
だんだんと濁りの層が厚くなっているようで、
今日は20m過ぎても抜けませんでした~。

写真はオビアナハゼとクロホシイシモチの群れです。
他に、ベニイザリウオ・ゴマウミヘビ属の一種・モンガラドオシ・ダイナンウミヘビ・イシヨウジ・メバルyg・ホウボウyg・コブダイyg・メガネウオ・サビハゼyg・ツノザヤウミウシ(今日もたくさん)・ミズタマウミウシ・サラサウミウシ・アワシマオトメウミウシ・ベッコウタマガイ・シロオビコダマウサギなどを観察しました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月12日 大瀬ログ

2006.05.12
P5120012.jpg

天候:くもり 風向:東 最高気温:18度 水温:16~17度 透視度:湾内7~15m 外海15~20m

東よりの風が強かったせいで
 大瀬では肌寒い一日となりましたが、
外海はエントリーしたところから
 透明度良好でした。
砂地の上をセミホウボウの幼魚(上の写真)が
 小刻みな動きで泳いでましたー。

P5120005.jpg

湾内では長いこと住み着いてるベニイザリをはじめ、
 マトウダイやトゲカナガシラなどの旬の生物を
 観察しました。
写真のツノザヤウミウシは
 半径1mほどのところに
 ざっと見、12個体見られました。
 よく見ればまだいたのかも・・・。
 そのほか、ミズタマも見られましたよ。

P5120008.jpg

わりと大きなダンズミノウミウシも
 砂地と海藻の上を歩いてました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月10日 大瀬ログ

2006.05.10
P5100043.jpg

天候:くもり一時小雨 風向:西 最高気温:21度 水温:16~18度 透視度:湾内15m 外海8~15m

外海・湾内とも凪で、ほんとに静かな海でした。
外海の水面近くはやや濁り気味で、
水深15mを超えるときれいな海が広がっていました。
全体的に湾内の方がきれいな一日でした。
上の写真はオセザキオトメウミウシ(仮称)です。

P5100048.jpg

岩の上にいた鰭全開のコケギンポには見入ってしまいました~。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月6日 大瀬ログ

2006.05.06
P5060042.jpg

天候:晴れ 風向:南西 最高気温:21度 水温:16~18度 透視度:上10m 下10~20m

今日は小マンボウを意識しつつ、
先端の深めの水深を流しました。
結果としては会えませんでしたが、
下の方の透明度は20m以上と明るく、
アサヒハナゴイの群れやシキシマハナダイがきれいでした。

2本目にはハリダシエビス2個体に会えましたが、
すぐに岩に隠れてしまうのと、
銀塩のレンズが60mmで苦戦。
デジカメ写真は悲惨で載せられません・・・。

貝類やウミウシ類はまだ多く見られますよ。
時々回ってくるボラの群れもサイコーです!
P5060034.jpg

P5060031.jpg

P5060022.jpg

P5060019.jpg

P5050001.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月5日 大瀬ログ

2006.05.05
P5050004.jpg

先端でマンボウの群れが目撃されました。
15枚とか20枚とか・・・。
それも30~40cmほどの小マンボウらしいです。
見た人は「ムレハタタテダイみたいだった」と言っていたそうな。
僕は小マンボウを魚屋でしか見たことありません。・・・うらやましい。
またある現地ガイドも3~4日前に5枚ほどの小マンボウを同ポイントで目撃したとのこと。
水深は深めなので、誰でも見れるわけではありませんが、
現在、上級者ならば見られる可能性は高いですよ。

写真はエイラクブカ?かその仲間です。
瀕死のサメがいたというので行ってみましたが、
すでにお亡くなりになってました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ミズウオ

2006.05.04
P5040168.jpg

天候:晴れ 風向:西 最高気温:20度 水温:17~18度 透視度:上10~15m 下12~20m

写真は低水温期に時々打ちあがるミズウオです。
今日も湾内に打ちあがっていました。
弱っているものの、まだ多少泳ぐ力も残っているようでした。
尾の付け根を掴むと
反転して噛み付こうとしてました。
大きな背びれも見事ですが、
コバルトブルーの目は魅力的です。
本日もマンボウの目撃情報がありました。
相変わらず40mオーバーと深いですが・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

5月3日 大瀬ログ

2006.05.03
P5030166.jpg

天候:晴れ 風向:西強風 最高気温:19度 水温:17~18度 透視度:上8~15m 下10~20m

午前中は外海側で潮流がきつかったです。
干潮の時間には止まってましたが。
タカベの群れもよかったですよ。
タカベは幼魚の群れも見られています。
スナビクニンも健在。
湾内の潜水禁止エリアにはクルマダイの幼魚がいるそうです。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

カスザメ

2006.05.02
P5020159.jpg

相変わらず透明度は良く、
水温も17~18度です。
一本松ではカスザメを見かけました。
ここ3~4年位はそれ以前よりよく見られるようになったと思います。
先端と湾内を行き来しているボラクーダ(ボラの群れ)も最高です。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

5月1日 大瀬ログ

2006.05.01
P5010122.jpg

天候:晴れ 風向:西強風 最高気温:25度 水温:17~18度 透視度:上12~15m 下15~20m

今日の水温も暖かく透明度も良好です。
東京では最高気温31度を記録したようで、
海風仰ぐ大瀬でも25度の夏日になりました。
ただ西寄りの強風がびゅーびゅー吹き荒れました。

春の風物詩、小魚つきのアカクラゲ(上の写真)をいくつか見かけました。
きれいなクラゲですが、毒性は強いので注意です!

P5010157.jpg

これまたきれいな
サガミリュウグウウミウシも見られました。

P5010146.jpg

大きなマダコは
石や空缶などでガードをつくり
卵をしっかり守っていました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

スナビクニン

2006.05.01
P5010133.jpg

今年は当たり年なのでしょうか?
大瀬崎ではスナビクニン(カサゴ目クサウオ科クサウオ属)が何個体も観察されています。
これを探すダイバーも増えているようで、
住処のひとつのヒロメが、
抜けて水底に転がっていたり
裂かれているものがよく目立ちます。
お互い気をつけましょう!
さて次はどんな話題の生物が現れてくれるでしょうか?

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.