AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2007年10月の記事一覧

10月30日 ホクヨウウミウシ科の一種 TRITONIIDAE sp.

2007.10.30
20071030_101720.jpg

天候:晴れ 風向:西風 最高気温:21度 水温:20~21度 透視度:湾内5~7m 外海7~12m

だいぶ寒くなってきたので、前の週末からドライに変えたのですが、暖かい陽気に誘われてウェットに逆戻りしました・・・でもやっぱり長い時間潜るときついです・・・。

写真はホクヨウウミウシ科の一種で、Sea Slug Forumには同種と思われるものが Marionia sp.2 として載っています。
撮影ポイントは大瀬崎門下水深15mで、静止している状態で体長8cmありました。

20071030_103348.jpg

その他、クマドリ・イロ・オオモン・ベニカエルも健在、大川下水深5mではツキチョウチョウウオ成魚(以前から見られているものと同一個体?)が見られました。

まだまだ大瀬崎はいろんな生物が出そうですね~!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月29日 シマガツオ

2007.10.29
20071029_123146.jpg

撮影日:2007年10月29日
撮影地:大瀬崎湾内 水深20m
全長:約50cm
水温:21度

お客さんとミジンベニハゼを見ていたら、向こうから頭の丸い大きな魚が上下に揺れながら、水底ギリギリを泳いで1m位のところまで近寄ってきました。止まることができないのか?常に一定のスピードで泳いでいます・・・。

ダイバーに興味があるのか、離れて行ってしまったと思ったらまた近づいて来るという行動を何度が繰り返しました。

観察していて一番特徴的なのは、大きな胸鰭を上下に動かしながら泳ぐ姿で、そのたびに体が上下に揺れていました。

「ぅわーっ、これはもしかしてシマガツオじゃないの~」
打ち上がった死骸は以前に見たことがあったのですが、海中で見るのは初めてだったので、興奮しながらお客さんに撮れ撮れサインを送りました。

カメラを持って来なくて、いてもたってもいられなくなった自分は、結局お客さんに「貸して貸して」サインを出して、カメラを拝借してしまいました・・・ほんとすいません&ありがと~。

エキジット後すぐに、デジカメを持ってさっきの場所へ潜りました。
もういないかもなぁ・・・、と思いつつもしばらく探すと、様子をうかがう様に3回だけ近づいて来ました。

それにしても面白い泳ぎをする、インパクトの強い魚でした。

動画でも撮りましたので、いつになるかわかりませんが、こちらにでも載せたいと思います。
http://ose.kumadori.com/

以前見た打ち上がり個体の写真はこちら。
http://www.osezaki.com/~seafish/fish_pic.php?id=%83V%83%7D%83K%83c%83I&pic=20010513002
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月28日 ミカヅキツバメウオ マトウダイ

2007.10.28
20071028_095838.jpg

天候:快晴 風向:東のち西風 最高気温:21度 水温:21度 透視度:湾内5~10m 外海8~12m 先端8~12m

台風20号が過ぎた本日・・・快晴でしたー。

外海にはうねりが出ましたが、ゴロタEN&EXに慣れた方なら行けるくらいでした。

浅場に濁りはあるものの、たいした影響もなく、湾内のミカヅキツバメウオも持ちこたえました。

20071028_102422.jpg

大きなマトウダイも登場!

20071028_151700.jpg

ウミテングもいつもの場所に・・・。

20071028_153140.jpg

アザハタは大きな獲物をゲットしてました。無理があるようにも見えるが大丈夫か!?

20071028_153844.jpg

空缶にはシロブチハタが。
そろそろ君の体には窮屈かもね・・・。

あたたかな一日でした。。。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月28日 大瀬崎の朝

2007.10.28
20071028091330
すっきり晴れた朝です。
気温もぐんぐん上昇してます。

富士山の積雪も増えました。

水面近くは濁った淡水が入りましたが、少し潜るとまずまずの視界になってます。

10月27日 キンギョハナダイ ベニカエルアンコウ

2007.10.27
20071027_125344.jpg

天候:雨 風向:東風 最高気温:19度 水温:21度 透視度:湾内5~8m 外海10~12m 先端8~10m

突然出来た台風20号が接近した一日でしたが、大瀬崎では結局外海も含め潜水可能でした。

夕方には一時風雨が強まりましたが、しばらくして落ち着きを取り戻しました。

天候が雨ということで海中は暗く、水中ライトが大変役に立ちました。

暗い海中ではキンギョハナダイの幼魚がよくまとまっていて、撮りたい心をくすぐられました。

20071027_122646.jpg

20071027_122906.jpg

20071027_125234.jpg

20071027_130008.jpg

門下では今日もカエルアンコウが何個体も観察できました。
上からクマドリ、イロ、イロ、ベニカエルアンコウです。

20071027_153618.jpg

ハコフグの幼魚です。青い斑点が特徴です。

昼間でもナイトが楽しめた?一日で、寝ていた魚も見られました。
キンチャクダイの成魚はウミウチワの間で就寝中でした。

明日は予報通り晴れて明るい海になるといいですねー!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

アシボソベニサンゴガニ

2007.10.25
20071013_152306.jpg

撮影地:大瀬崎 タマザキ水深28m
撮影日:2007年10月13日

大瀬崎ではアカバナクダヤギを見ればかなりの確率で観察できるアシボソベニサンゴガニですが、ウミウチワにつくとこんなに濃いオレンジ色になるんですねぇ。

文一総合出版「海の甲殻類」を見るとウスイロサンゴガニという種が載っていますが、これはアシボソベニサンゴガニと同一種らしいです。
個体変異の多い種なので、写真の個体も色彩変異の範疇と考えられる・・・と、この筋では有名な学者O氏にご指導いただきました。

大瀬崎では甲殻類も楽しい季節ですので、宝探しにぜひ来てください!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月24日 コウワンテグリ

2007.10.24
20071024_155116.jpg

撮影地:大瀬崎 柵下水深2m
撮影日:2007年10月24日
全長:約2cm
水温:22度

今年は個人的に大好きなこのコウワンテグリやミヤケテグリが何個体も観察されているので嬉しい限りです。

さらに小さい1cm位の個体だとほとんど真っ白で、なんともかわいいんですが、コウワンかミヤケか悩みます・・・。

ある程度模様が現れてくると、臀鰭に幅広い斜めの褐色帯が出るようですが、粘らないと撮影しにくいですよね。

20071024_155400.jpg

正面顔。 おちょぼ口です。

20071024_155138.jpg

これは離陸の瞬間です。
岩の上をちょこちょこと這っては隣の岩にホバーリング移動。これを繰り返しながらかなりの距離を移動してました。

20071024_155636.jpg
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月24日 ウデフリツノザヤウミウシ ミヤコウミウシ

2007.10.24
20071024_152300.jpg

天候:晴れ 風向:東風 最高気温:20度 水温:21~22度 透視度:湾内5~8m 外海15~20m

湾内の透明度はイマイチでしたが、外海はとってもきれーでした。

それにしても寒くなりました・・・。
陸上の気温が高ければまだまだウェットで行けるんですがね~。

2シーズン使って、ウェイト3kgでも余裕で潜れるロクハンではそろそろ限界が・・・。

この時期になると、ドライに穴あいてなかったっけ?・・・とか気になりますよね。。。

20071024_153350.jpg

ミヤコウミウシの二次鰓です。
1枚目の写真は柵下のピカチュウです。

クロクマ・イロカエル・ネジリンボウ・ミジンベニハゼなどの人気ものはまだまだ元気ですよー。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月20日 デジカメフィールドフォトコンテストin大瀬崎

2007.10.20
20071020_111908.jpg

すっきりと晴れ渡った気持ちのいい土曜日・・・。

富士山にはちょこっと冠雪が見られました。

「デジカメフィールドフォトコンテストin大瀬崎」というイベントがあったため、ゲストらときれいな被写体を探しながら潜りました。

20071020_103558.jpg

黄色いウミシダの前をミノカサゴが泳いでいたのでパシャッ・・・。

20071020_105748.jpg

ウミトサカの前にいたコガネスズメダイの子もきれいだなぁ~とパシャッ。

20071020_110220.jpg

かわいいキンギョハナダイの子供も大量に見られているので、トサカの前にいるのをパシャッ!

このキンギョっ子の別カット写真でイベントに参加したらなんとか入選となりました・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月16日 大瀬崎

2007.10.16
20071016_090534.jpg

天候:くもり時々晴れ 風向:北東風 最高気温:20度 水温:23度 透視度:湾内7~10m 外海10~15m

本日は東寄りの風が強かったため肌寒く感じられた一日でした。
湾内の浅場は時間によって白く濁りましたが、10m以深は視界良好でした!

外海では上の写真のオオモンカエルアンコウをはじめ、イロカエルアンコウもオレンジ・黄色・薄紫色が見られました。
20071016_092028.jpg

外海は上から下まで透明度も良く快適でしたよー。

20071016_084124.jpg

黒いクマドリカエルアンコウも健在です。

20071012_143836.jpg

キサンゴカクレエビの擬態は見事です・・・。

20071016_112118.jpg

湾内のネジリンボウです。
かなり寄れますよー。

20071016_112444.jpg

写真のビシャモンエビのペア・ムチカラマツエビ・イソギンチャクエビ・アカスジカクレエビ・イボイソバナガニなどの甲殻類も湾内でたくさん見られてまーす。

20071016_111618.jpg

湾内のアイドル、ミジンベニハゼは機嫌良く空缶の上に乗っかってましたー。

今週の10月20日(土)は大瀬崎で水中造形センター主催のデジカメフィールドフォトコンテストが開催されます。 →詳しくはこちら
賞金稼ぎに来てください!!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月14日 ホウセキハタ

2007.10.14
20071014_152634.jpg

種小名:ホウセキハタ
撮影日:2007年10月14日
撮影地:大瀬崎 門下 水深15m
水温:23度
全長:約4.5cm

この秋、大瀬崎ではハタの仲間がたくさん見られています。
これからさらに種類が増えるでしょうから楽しみです!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月8日 シロブチハタの幼魚

2007.10.08
20071008_114914.jpg

天候:くもり時々雨 風向:南西風 最高気温:24度 水温:22~23度 透視度:湾内7~10m 先端8~12m

昨日は台風の影響で他のポイントが荒れたため、大瀬崎はダイバーでぐちゃぐちゃになってましたが、本日は連休最終日と天気予報が良くないことでけっこう空いていました。

今、ハタの幼魚が多くて、いろんな種類が見られています。
写真のシロブチハタの幼魚は湾内(4cm-14m)と先端(4cm-11m)で見られました。
またアザハタの幼魚も湾内2ヶ所(4.5cm-13m,3.5cm-15m)と先端(4cm-14m)で観察できました。
その他、アカハタ・イヤゴハタ・マハタ・オオモンハタの幼魚が見られました。

カミソリウオ・キリンミノ・シマハタタテダイ・キヘリキンチャクダイ(3.5cm先端-16m)・ミヤケテグリ・クロユリハゼ・オグロクロユリハゼ・ヒメテングハギ・ムスメハギなどの季節ものも観察できましたー。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月8日 大瀬崎

2007.10.08
20071008071550
多少小雨がパラついてますが、静かな朝です。

外海は今日もうねりが入っています。

大川下で、慣れた方なら入れる位ですが、サービス側で潜水禁止にする所が多いと思います…。

10月3日 クマドリカエルアンコウ イロカエルアンコウ

2007.10.03
20071003_123512.jpg

天候:くもり 風向:北東風 最高気温:22度 水温:22~24度 透視度:湾内8~12m 外海10~15m

最近、曇りがちな天候ですが、海況はなかなかいいです。

台風15号が発生していますが、
言われればあるなぁ・・・という程度のうねりが外海で感じられるくらいです。

写真のクロクマは今日も健在でしたよ。

20071003_120854.jpg

イロカエルアンコウもうまくオオパンカイメンに擬態していました。

20071003_121616.jpg

オオモンカエルアンコウはご覧の通り、逆立ちの姿勢でじーっとしていました・・・。

湾内ではカエルアンコウ・モンガラドオシ・ウミテング(ペア)・アカカマスの群れ・フタスジタマガシラyg・サザナミヤッコyg・ミヤケテグリ・ネジリンボウ・ミジンベニハゼ・ハナハゼ・ビシャモンエビ(ペア)・サガミツノメエビ・ミツイラメリウミウシ・ミノウミウシの仲間などが見られましたよ。

20071003_095206.jpg

20071003_101744.jpg

20071003_100742.jpg

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月1日 大瀬崎 アザハタの幼魚

2007.10.01
20071001_160708.jpg

天候:くもり 風向:北東風 最高気温:20度 水温:22~24度 透視度:湾内8~12m 外海10~15m

本日も外気温が低かったため、肌寒い一日となりました。
水温や透明度はまずまずでしたよー。

写真はクロちゃん情報で見に行ったアザハタの幼魚です。
尾鰭の白い縁どりがきれーでした。

20071001_154702.jpg

湾内のアカカマスの群れも見事ですよー。

20071001_154218.jpg

サザナミヤッコやミヤケテグリは今日も健在。

外海の門下では黒いクマドリカエルアンコウも見られていますよ。

湾内ではよーく見ると小さなヨウラククラゲなどが多数いて、時々チクチクします。
その対策にもフードがおすすめですよー。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.