AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2008年01月の記事一覧

1月31日 ヤリイカ ヒメイカ

2008.01.31
20080131_150842.jpg

天候:晴れ時々くもり 風向:東風 最高気温:10度 水温:14~15度 透視度:湾内8~12m 外海12~15m

写真はハッチアウト前のヤリイカBabyです。
ち~さなイカが見えますかぁ?
今シーズンはヤリイカの卵塊は少なめですが、
ハッチアウトシーンをぜひナイトでご覧ください・・・寒いので防寒対策はばっちりと。。。肉球

20080131_132108.jpg

海藻のまわりには、小型種のヒメイカが見られます。
・・・これでもう成体です。

20080131_101534.jpg

色鮮やかなサクラダイも被写体におすすめですよ。kissDN

20080131_102214.jpg

サクラミノウミウシです・・・。

20080131_124610.jpg

24mケーソンのミズタマウミウシです・・・でかくなりました。

20080131_105152.jpg

今が繁殖期のヒメギンポもよく見られています。
写真は婚姻色を出している雄です。

20080131_151922.jpg

オオモンハタとマハタのチビちゃんのツーショットです。

20080131_151658.jpg

週末、なにか楽しい生物でも出るといいですね~。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月30日 アヤトリカクレエビ ミネミズエビ

2008.01.30
20080130_094344.jpg

天候:晴れのちくもり 風向:西風 最高気温:11度 水温:14~15度 透視度:湾内8~10m 外海12~20m

午前中の柵下はすんごい透明度が良くて、思わずきれいな砂紋を撮ったりしてました。
きれいなところは透視で25mは見えていて、ほんと空飛んでる~、という感覚が味わえましたー。

触手を伸ばしているナシジイソギンチャクの中には、擬態しているアヤトリカクレエビが見られました。(上の写真)

20080130_123026.jpg

エダムチヤギではミネミズエビやオオガラスハゼが見られました。

20080130_152532.jpg

湾内のイヤゴハタやカケハシハタ、そしてアオハタは引き続き観察されています。

その他、カエルアンコウ・イロカエルアンコウ・ウミテング・キリンミノ・サクラダイ・スジハナダイ・クマノミ・ミツボシクロスズメダイ・タキゲンロクダイ・コブダイyg・ヒメギンポ・ミジンベニハゼ・ヒラメ・トサカガザミ・ヨコシマエビ・ウデフリツノザヤウミウシ・ミツイラメリウミウシ・ガーベラミノウミウシ・スミゾメミノウミウシ・セスジミノウミウシ・トラフケボリ・テンロクケボリ・ヤリイカ卵塊などが見られました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月26日 大瀬崎

2008.01.26
20080126_104352.jpg

天候:くもり 風向:なし 最高気温:7度 水温:15~16度 透視度:湾内8~10m 外海10~15m 先端10~15m

朝夕はけっこう冷え込みますね~。
暖かい大瀬でも夕方は一時みぞれも降りました・・・。

潜水時間中は風もなく、とくに湾内側はベタ凪でした。。。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

1月25日 イロカエルアンコウ ガーベラミノウミウシ

2008.01.25
20080125_121210.jpg

天候:晴れ 風向:西弱風 最高気温:7度 水温:15~16度 透視度:湾内8~10m 外海10~15m

本来の西伊豆の最低水温14度がしばらく安定するかなと思ったら、今年もまた水温が上がってしまいました・・・いいのか悪いのか??・・・。

15~16度の水温なので、貼るカイロ無しでOKでした。。。
昨日の時化のせいか、海中はやや白濁していましたが、外海は明るく、水深25m以深ではとってもクリアでした。

今シーズンはウミトサカ類が元気な上、ネンブツダイも大きな群れになっていて、ワイドはおすすめですよ~!

20080125_114312.jpg

外海では上の写真の、イロカエルアンコウやオオモンカエルアンコウが引き続き見られています。

20080125_114530.jpg

ガーベラミノウミウシもところどころで見られます。

20080125_141058.jpg

20080125_142334.jpg

湾内では、写真のハナシャコの仲間やアオハタをはじめ、カエルアンコウ・ウミテング・カケハシハタ・イヤゴハタ・ミジンベニハゼなどが見られました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月20日 ピカチュウ&ウミウシカクレエビ

2008.01.20
20080120_152812.jpg

天候:晴れ→くもり→雨→夜みぞれ 風向:東 最高気温:8度 水温:13~14度 透視度:湾内10~12m 外海12~15m 先端10~15m

海は穏やかなものの、夕方から関東地方や山間部などで雪が降るという予報が出ていたせいもあるのか、普段の日曜日よりさらにダイバーの引けが早かった気がしました。

写真は、先端で人気のウミウシカクレエビ with ウデフリツノザヤウミウシです。
以前に一本松でもこの組み合わせを撮ったことがありますが、いいコンビですよねー。

20080120_151638.jpg

すぐそばには黄色いカエルアンコウも見られました。
逆光気味に撮ってみました。

ワイドもマクロも楽しいので、今週もぜひ大瀬にどうぞ!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

1月19日 大瀬崎 トラウツボ シュスズツミ

2008.01.19
CA390002.jpg

かなり久々に変えた携帯で、
まだダイバーの少ない朝の大瀬崎を撮りました・・・。

風もなく、明るく穏やかな一日でした。
透明度は全ポイント10~15mと良好です!

20080119_155058.jpg

明るい海をバックにトラウツボを撮ってみました・・・。

20080119_121752.jpg

湾内も外海も視界良好!
オオモンカエルアンコウも健在でーす。

20080119_151134.jpg

シュスズツミをはじめ、
きれいな巻貝の仲間もいろいろと観察できます。

20080119_154236.jpg

ケヤリムシをズームアップ・・・。
海洋生物は造形美に満ちてますねぇ。

20080119_101322.jpg

交接中のピカチュウも時々見られますよ。

ウミウシ好きダイバーにとっても楽しい季節になってきました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月17日 カンナツノザヤウミウシ カエルアンコウ

2008.01.17
20080117_143212.jpg

平日のダイバーがほとんどいない中、
有給休暇を使って遊びに来てくれたゲストと、
ゆっくり写真を撮りながら潜りましたー。

リクエストのカンナツノザヤウミウシ(上の写真)にも会うことができました・・・。

20080117_112240.jpg

湾内の水深20mでは、カエルアンコウがタコノマクラに寄り添っていました。

そのそばには・・・
20080117_112058.jpg

大きなミズタマウミウシが砂地にポツンと。

20080117_111336.jpg

ウデフリツノザヤウミウシも大瀬崎の多くのポイントで見られています。

20080117_111030.jpg

水温の低い中、ウミテングもがんばってます!

20080117_111552.jpg

トゲトサカの仲間のまわりにはコスジイシモチや・・・

20080117_144256.jpg

ヒガイ(巻貝の仲間)など生物が様々です。

20080117_145254.jpg

石垣周辺ではクロホシイシモチやネンブツダイが群れていて、
寒いけど楽しいダイビングでした!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月16日 ツクシウミエラ ホンカクレエビ属の一種

2008.01.16
20080116_152714.jpg

天候:晴れ 風向:東 最高気温:9度 水温:14度 透視度:湾内10~12m 外海12~15m

思ったほど気温は上がりませんでしたが、天気が良くて明るい海中でした。

湾内沖の斜面では怪しい色のツクシウミエラ(上の写真)がきれいでした・・・。

20080116_151526.jpg

「沖の6連タイヤ」南側(深20mの6連タイヤではありません・・・)、
28mのスナイソギンチャクに住んでいたホンカクレエビ属の一種です。
ここでは2個体が見られましたよ。

20080116_151630.jpg

同じ場所でミズヒキガニも見られました。

20080116_153412.jpg

アオハタは同じ場所で健在でした・・・。

20080116_151100.jpg

擬態上手なビシャモンエビの雌雄です。

現地サービスのサンライズ大瀬は外壁塗装工事をしていましたが、足場も片付けられてスッキリしましたよ。。。

明日の海もまずまず穏やかそうですねぇ~。
でも寒そうだからしっかり防寒しなくっちゃ・・・。
前シーズンは1度もお世話にならなかった「貼るカイロ」、
今年は手放せませんっ・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月14日 アオハタ ユリウツボ

2008.01.14
20080114_150610.jpg

天候:くもり 風向:東風 最高気温:8度 水温:14度 透視度:湾内10~12m 外海12~15m 先端10~15m

本日も終日東の風が吹き、やや肌寒かったものの、海中は透明度が良く、一時薄日も差しました。

昨日、大瀬崎の常連さんにアオハタがいるとの情報をいただいたので、ガイドが終わったあとで探しに行って撮ったのが上の写真です。
パッと見は「茶色に黄色の縞」という印象なのに、何でアオハタなんでしょうかね~。
わかる方いたら教えてくださーい!

20080114_094344.jpg

先端の17mではユリウツボが見られました。
低水温期やナイトではこのように浅い水深で見られることがあります。

20080114_115020.jpg

マツカサウオの幼魚です。小さいのに鮮やかな黄色で存在感があります。

南方系のお魚もまだ見られていますが、アンコウ・マトウダイ・ウミウシ類などが見られる冬の海になりました。
これからは深場系の生物の登場にも期待したいですねー!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月12日 オオモンカエルアンコウ ミズタマウミウシ

2008.01.12
20080112_105544.jpg

天候:雨一時くもり 風向:東風 最高気温:11度 水温:14度 透視度:湾内5~7m 外海10~15m 先端10~13m

朝のうちは天気の割に温かく感じられたのですが、昼近くから東寄りの風が強くなり、体感温度が低くなりました。
またこの強い風で湾内の浅場は砂が舞い、水深3mまでは視界がかなり悪くなってしまいました。

写真は先端のオオモンカエルアンコウです。
ピカチュウも相変わらずたくさん観察されました・・・。

20080112_104858.jpg

近くのザラカイメンにはベニカエルアンコウも見られました。

20080112_141216.jpg

こちらは湾内水深20mのカエルアンコウです。

20080112_141530.jpg

ミズタマウミウシも湾内のいろいろな場所で見られています。

20080112_143054.jpg

20080112_144750.jpg

ミドリイシやキサンゴの仲間もアップで撮ってみました。

さて雨も止みそうな明日は何が見られるかな・・・?
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月11日 カゴウニカクレエビ タマガンゾウビラメ

2008.01.11
20080111_095308.jpg

天候:晴れのちくもり 風向:東のち南西弱風 最高気温:11度 水温:14~15度 透視度:湾内10~12m 外海10~15m

午前中は陽も出ていましたが、午後から雲が厚くなってきました。
海はおだやかで、ダイバーはほとんどいない静かな一日でした。。。

写真は水温が下がる今の時期、
比較的浅場に上がってくるオーストンフクロウニに共生するカゴウニカクレエビです。

外海のエントリー口は藻が生えていて、かなり滑るので気を付けましょー!

20080111_100132.jpg

キイロイボウミウシです。
近くにはガーベラミノウミウシも数個体見られました。

20080111_100632.jpg

ヨシオキヌヅツミになるんでしょうか・・・、エダムチヤギ上で見られます。

20080111_124228.jpg

門下のザラカイメンには長く見られているオオモンカエルアンコウも健在でした。

20080111_144530.jpg

湾内ではメガネウオがよく見られるようになりました。
水深20mで見られたこの個体の他に、18mでも見られました。

20080111_145902.jpg

湾内のタマガンゾウビラメです。
有眼側にある5つの黒斑または青斑が特徴です。(深21m全長18cm)

20080111_144730.jpg

このカケハシハタの他、
イヤゴハタやアザハタも引き続き見られてます。

20080111_145644.jpg

定位置で見られる湾内のセボシウミタケハゼです。

20080111_145350.jpg

大瀬崎のアイドル、ミジンベニハゼです。

湾内もゆっくりじっくり観察するとウミウシをはじめ、いろんな生物に会えるので楽しいですよねぇ・・・。
この連休は何が見られるでしょうか??

1月9日 朝の大瀬崎

2008.01.09
20080109101042
朝8時の大瀬崎です。

微妙にうねりがあります、穏やかです。

写真には写ってないかも知れませんが、富士山もうっすら見えています…。

1月4日 ヤリイカ ピカチュウ

2008.01.04
20080104_114042.jpg

天候:晴れ 風向:東のち西弱風 最高気温:9度 水温:14~15度 透視度:湾内8~10m 外海10~12m 先端10~12m

今日は風も弱く、穏やかで明るい海となりました。

朝はかなり冷え込んでいて、車のフロントガラスも凍っていました。
大瀬崎近くの県道も、日の当たらない山の北側は凍っていることがあるので、特に朝早くに運転して来る方は気をつけて来てくださいね!
日中は風もなく、かなりあったかでしたよ。

漁礁の下にはヤリイカの卵塊も見られるようになり、冬らしさが増してきました。

20080104_114952.jpg

ウミウシファンには人気のあるカンナツノザヤウミウシです。

20080104_095604.jpg

産卵中のウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)です。
湾内でも見られていますが、先端には相変わらず多いです!
マトウダイもよく見られるようになりました。。。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

1月1日 カンナツノザヤウミウシ ミズタマウミウシ

2008.01.01
20080101_133008.jpg

晴天で始まった2008年の元日は西寄りの風が強くなりましたが、海中は透明度も10m以上あって明るく、しっかり防寒対策をすれば、まだまだ多くの生物を観察したり、写真を撮ったりと楽しめますよぉ。

写真のカンナツノザヤウミウシをはじめ、ウミウシ類の種類も増えてきました。

20080101_133246.jpg

カンナのすぐそばにいたミズタマウミウシです。

20080101_100812.jpg

ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシも多く見られています。とくに先端には多いですよー。
写真の個体はウミトサカの幹にオレンジ色の卵塊を産みつけていました。

20080101_095430.jpg

テングチョウチョウウオの幼魚はさすがに寒そうで、動きがかなり鈍っていました。

20080101_101808.jpg

お正月に似合う紅白模様のオトヒメエビもよく見られています。

20080101_103618.jpg

砂地にはキビレミシマが潜んでいました。

20080101_134034.jpg

コスジイシモチ・タマガシラ・アカタマガシラと一緒に写真のカケハシハタが住んでます。
イヤゴハタ・アザハタ・マハタの幼魚も引き続き見られていますよ。

今年も楽しい生物がたくさん見られるといいですね~!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

謹賀新年 2008

2008.01.01
20080101092028
新年明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします。

本日も西風が強くなりそうですが、天気が良く、明るい朝を迎えることができました!

2008年も安全に楽しいダイビングをしましょう!!

Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.