AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2008年06月の記事一覧

ハナオコゼ カエルアンコウ

2008.06.29
20080629_164118.jpg

天候:雨 風向:東弱 最高気温21度 水温:18~20度 透視度:湾内5~10m 外海8~15m 先端7~15m

今日はしっかりと雨が降って、
ダイバーの数も少なめでしたが、
大瀬崎はそれなりに賑わっていました・・・。

写真↑はハナオコゼです。
名前にオコゼと付いていますが
カエルアンコウの仲間です。

水面の流れ藻にうまく紛れていますが、
今の時期、数も多く、高確率で見ることができますよ~。
写真の個体は約6cmでしたが、
同じ場所に1.5cmのチビちゃんもいましたよぉ。
流れ藻があったらチェックしてみてください・・・。

20080629_165346.jpg

人気の高いカエルアンコウも湾内の各所で見られています。
色は白・黄・茶・黒で、
大きさも大小見られています。

もうすぐ夏本番の7月ですねー!
みなさん、体調をくずさないよう気をつけてくださ~い!!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ダイダイヨウジ ムギワラエビ

2008.06.28
20080628_162800.jpg

天候:くもり 風向:東弱 最高気温24度 水温:18~20度 透視度:湾内5~10m 外海7~15m 先端6~12m

カエルアンコウ・ベニカエルアンコウ・ウミウシ類などのマクロ生物をはじめ、
マンボウ・カスザメなどの目撃情報もありました。
湾内では15~16パイのアオリイカが産卵床に産卵していて、
かなり見入ってしまいました。

外海の表層を流れている流れ藻やゴミでは、
ハナオコゼ・カンパチ・イシガキダイ・イスズミなど
たくさんの幼魚やガザミ類が見られて楽しめましたよ!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

アヤトリカクレエビ カナメイロウミウシ

2008.06.26
20080626_160528.jpg

天候:雨のちくもり 風向:北東 最高気温20度 水温:18~20度 透視度:湾内5~10m 外海7~15m

ならいの風(北東の風)が朝から吹き、
海上がりには肌寒さを感じる一日となりましたが、
雨はすぐに止んで、
午後には過ごしやすい天気になりました!

湾内ではアオリイカが産卵床にまた産卵していますよ。
マメダワラはもうだいぶ倒れてしまいましたが・・・。

柵下の深場のウスアカイソギンチャクには、
で~っかいアヤトリカクレエビがついていました。
イソギンチャクがきれいな触手を広げてくれてると
ちょっと得した気分です・・・。

20080626_155612.jpg

外海では最近カナメイロウミウシがよく目につきます。

20080626_164520.jpg

小さな流れ藻のそばにはブリの稚魚が見られました。

大瀬崎の湾内には昨日、
海水浴用のブイが入れられました。
ダイビングのエントリー場所が規制される
「夏のエリア規制」はまだ先ですが、
夏本番はもうすぐですね~。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ヘビギンポ属の一種 シロハナガサウミウシ

2008.06.22
20080622_075848.jpg

天候:雨 風向:なし 最高気温22度 水温:18~20度 透視度:湾内5~12m 外海8~15m 先端7~15m

全体的に少し水温が下がっていましたが、
透明度は6月にしてはいいです (^.^)
本日は門下20mで、マンボウの目撃情報もありましたよ!

写真↑はヘビギンポ属の一種です。
水深3m前後のゴロタまわりで時々見られます。

20080622_080110.jpg
(一本松3m)
ちょっと変わった風貌の、
シロハナガサウミウシも数多く見られています。

20080622_071626.jpg
(一本松12m)
ハオコゼが砂に潜ってお休み中でした・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

カスザメ

2008.06.21
20080621_150636.jpg

天候:雨時々くもり 風向:南西 最高気温23度 水温:18~21度 透視度:湾内5~12m 外海8~15m 先端7~15m

今日も梅雨らしい天気となりましたが、
思ったほど強くは降りませんでした。

透明度も今の時期にしてはまあまあではないでしょうか・・・。
下の方は「冷たいけど綺麗」という海でした。
時間によって潮流があるのでご注意ください!

生物は写真のカスザメ(大川下11m)の他、
モンガラドオシ・ベニカエルアンコウ・マツカサウオ・ハナタツ・タツノイトコ・ホウボウ・タカベ・クマノミ・カゴカキダイ・メガネウオ・ヤマドリ・コブダイyg・タキベラyg・ミジンベニハゼ・ササハゼ・オオガラスハゼ・ヒラメ・カザリイソギンチャク・キサンゴカクレエビ・ムギワラエビ・オルトマンワラエビ・クモガニの仲間・トサカガザミ・ツグチガイ・シロハナガサウミウシ・セスジミノウミウシなどが見られました。。。

20080621_152848.jpg
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

キサンゴカクレエビ ムギワラエビ

2008.06.20
20080620_163100.jpg

天候:くもり時々小雨 風向:南西 最高気温23度 水温:18~22度 透視度:湾内5~15m 外海8~12m

梅雨らしい天気に戻りましたが、
気温は暖かく、ウェットでも快適に潜れました。
ただ、下には18度位の冷たい潮がありますので、
寒さ対策は一応必要です!

今日は外海より湾内の透明度の良さが目立ちました・・・。
時間によっては、石垣を下りたところで透視度15mほどありましたよ。

写真↑は抱卵キサンゴカクレエビです。
開いたポリプと撮れたらきれいですねー。

20080620_162354.jpg

で、こちらはビワガライシに付いてるキサンゴカクレエビです。
宿主に合わせたスケルトンな体が素敵です!

20080620_162240.jpg

オルトマンワラエビではなく、ムギワラエビのアップです。

水温が暖かいので、
週末もきっとたくさんの生物が見られますよ~!!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ヒナコダマウサギ ハナタツ ベニカエルアンコウ

2008.06.16
20080616_104806.jpg

ヒナコダマウサギ Prionovolva aenigma タマザキ22m

天候:晴れ 風向:南西 最高気温25度 水温:19~20度 透視度:湾内4~8m 外海6~10m

梅雨の間の強い日差しが続いてます。
うれしい天気のはずが、
前日の酒がたたって午前中はグロッキーでした・・・。

20080616_144324.jpg

ハナタツは♂♀が見られました。
バックにはベニカエルアンコウの姿が・・・。

それにしても、年々酒が弱くなってるような・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

アンコウ

2008.06.14
20080614_112814.jpg


天候:晴れ 風向:無のち東 最高気温25度 水温:19~20度 透視度:湾内3~8m 外海8~12m 先端3~12m

湾内や先端は水面近くが濁っていました。
水底はまずまずの透明度でしたが・・・。
濁りの層の幅が広がらないといいんですけどね~。

午前中、写真のアンコウが水深12mという浅場で見ることができました。

あと全長1cmにも満たないハナオコゼも見られましたよ。

他にテングノオトシゴ・タツノイトコ・メガネウオ・ヤマドリ・テンスyg・ブチススキベラyg・ネジリンボウ・ササハゼ・ハナハゼ・クモガニの仲間・イソギンチャクモエビ・オトヒメエビ・アラリウミウシ・ミツイラメリウミウシ・アオリイカと卵塊・アワシマオトメウミウシ・アカエラミノウミウシ・セスジミノウミウシなどが見られました。。。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ムギワラエビ カエルアンコウ

2008.06.13
20080613_121622.jpg

天候:晴れ 風向:南西 最高気温25度 水温:19~20度 透視度:湾内5~10m 外海10~12m

今日は夏日和になりましたね~・・・暑かった!

外海ではオルトマンワラエビにそっくりの「ムギワラエビ」が見られました。
先端では40m位まで行かないと見られないんですが、
こいつは23mで見ることができますよー。
レンズが曇ってしまい、ぼやっとした写真になっちゃいましたが・・・。

20080613_122452.jpg

外海のベニカエルアンコウです。

20080613_143300.jpg

湾内の白カエルアンコウも健在で、
他にこんな模様も見られてます!

20080613_170824.jpg

湾内のネジリンボウのペアです。
ハナハゼも同居してましたー。

20080613_163938.jpg

テングノオトシゴも健在です。

20080613_142638.jpg

シロオビコダマウサギやトラフケボリなど、
貝類もたくさん見られてます!

週末も天気はまあまあみたいですねぇ。
それでは今週も大瀬で!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

インターネットウミウシ シュンカンハゼ

2008.06.08
20080608_122558.jpg

天候:晴れ 風向:西弱 最高気温23度 水温:19~20度 透視度:湾内5~8m 外海10~12m 先端7~12m

大瀬崎は朝から雨がしっかり降ってました。
が、午後には雨も上がり、陽まで差してきて暖かく、というより暑くなりました・・・。

今日は朝一(7時)から潜り始めたので、ガイドは午前中に終わってしまいました。

ハナオコゼ・ベニカエルアンコウ・ハナタツ・ヒフキヨウジ・ヨロイメバル・キビレミシマ・ヤマドリ・ネジリンボウ・オオガラスハゼ・クモハゼ・アケウス・ザラカイメンカクレエビ・ビシャモンエビ・セスジミノウミウシ・アオリイカ卵塊などを観察しました。
Kさん、お疲れさまでした!

20080608_074342.jpg

外海のハナタツです。
すぐ脇と、少し離れた場所でベニカエル君に会えました・・・。

20080608_094300.jpg

昨日のネジリンボウは愛想悪かったのに、
今日は機嫌が良かったです。

カエルアンコウの仲間のハナオコゼが
海藻密度の小さい撮りやすい場所にいたので、
帰りにゆっくりお客さんと撮ろうと思っていたら
あらびっくり!?・・・
住処の海藻が講習用のフロートに変身してました・・・。

さて、午後は時間がたっぷりあったので、
常連のKENちゃんと先端にジョーを見に行きました。
キラキラハゼは今日も会えませんでしたが、
巣穴のそばで、トップの写真のインターネットウミウシに会えました。

20080608_122902.jpg

ジョーとはスタンスがイマイチ噛み合わず、
うまく撮れなかったです~・・・。

20080608_124144.jpg

水深10m付近ではシュンカンハゼがよく姿を見せるようになりました。

ソラスズメダイの群れもいい色になってきましたよー!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(3)  TrackBack(0)   ↑Top

大瀬崎 ミジンベニハゼ

2008.06.07
20080607_153434.jpg

天候:晴れ 風向:南西 最高気温25度 水温:19~20度 透視度:湾内5~10m 外海10~12m 先端7~12m

今日は予報からしていい天気だったので、
大瀬はダイバーがたくさんでしたー。
ちょっとした夏気分を味わうことができました・・・。

透明度はこの時期にしてはいいんじゃないでしょうか・・・ね。

最近観察していた良い子なミジンベニハゼ君は
缶ごと無くなっていたので  (ToT)/
その沖の Inブンブクを観察しました。

カンパチやシマアジの若魚も見られるようになって
少しずつ海中も夏らしくなってきましたねぇ・・・!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

コマチコシオリエビ アケウス

2008.06.04
20080604_102114.jpg

天候:くもりのち晴れ 風向:東 最高気温22度 水温:19~20度 透視度:湾内5~10m 外海:10~12m

本日は外海のうねりもほとんどなくなり、潜水可能でした。

写真↑は湾内のコマチコシオリエビです。
甲殻類もいろいろ見られてますよー。

20080604_130720.jpg

こちらはザラカイメンに潜んでいたアケウスです。

他に、ウミカラマツエビ・ビシャモンエビ・ザラカイメンカクレエビ・カザリイソギンチャクエビ・ウミシダヤドリエビ・テナガカクレエビ・ガンガゼカクレエビ・フタミゾテッポウエビ・オトヒメエビ・オルトマンワラエビ・コマチガニ・トサカガザミなどなどが見られますよ~。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

メガネウオ トビヌメリ

2008.06.02
20080602_131836.jpg

天候:くもりのち雨 風向:東 最高気温18度 水温:19~20度 透視度:湾内4~10m 外海:6~12m(うねりあり)

天気予報通り、今日は昼からしっかりと雨が降りました。
海は昨日からのうねりが残っており、
外海は潜水注意でした。
写真↑は湾内のメガネウオです。

湾内では流れ藻がいくつか、ふらふら~と漂流していました。
ハナオコゼが中央と北側で観察できましたが、個体数は多いと思われます。
カゴカキダイの1cmほどの幼魚も見られ、初夏らしい海になっています。

水深10m位までは白濁りしていましたが、その下はけっこうきれいでしたよ!

20080602_105940.jpg

湾内を歩いていた?カエルアンコウです。
チビちゃんも見られていますよー。

20080602_101854.jpg

砂に潜っていたトビヌメリでーす。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

アオウミウシ交接 セトミノカサゴ

2008.06.01
20080601_101050.jpg

天候:晴れ 風向:東のち南西 最高気温22度 水温:19~20度 透視度:湾内5~8m 外海:6~12m 先端:6~12m

今日は朝からいい天気でしたね~。
迷わずウェットで潜りました!

朝のうちは穏やかな海況でしたが、
昼頃から風が変わり、うねりも出ていました。

20080601_101122.jpg

アオウミウシがベストポジションて感じで交接していました。(先端水深22m)

20080601_100448.jpg

先端のハナオトメウミウシです。
クチナシやキラキラハゼは会えず・・・。
アサヒハナゴイの群れはきれいでした・・・。

20080601_121320.jpg

湾内のセトミノカサゴです。
胸鰭・腹鰭、きれいですよねー。

ところで、3月に出ていたニタリの写真を撮影した方にお借りしたんですが、
第2背鰭と腹鰭の位置関係などから同属の「マオナガ」では?と思ったので、
魚類分類の先生に尋ねたところ、体側の白色域から「マオナガだと思う」とのことでした。
それから、鰭の位置関係では正確な同定は難しいそうです・・・。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.