AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2009年10月の記事一覧

ウデフリツノザヤウミウシ カミスジダカラ

2009.10.31
20091031_153334.jpg Sentan Depth:15m

天候:晴れ 風向:東風 最高気温21度 水温:22度 透視度:湾内10~12m 外海10~15m 先端10~15m

少し東寄りの風が
強かったものの、
今日も天気が良く、
快適な一日でした! 太陽

水温、透明度
ともにまあまあです。

ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)は
遭遇率アップ中です。
先端では交接してました(写真↑)。

20091031_161109.jpg Sentan Depth:4m 13mm
貝殻のきれいな
カミスジダカラにも会えました。

さて明日は
何に会えるでしょうか? 音符

Happy Halloween !
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

イロカエルアンコウ アミメサンゴガニ

2009.10.30
20091030_103414.jpg Wannai Depth:8m

天候:晴れ 風向:東風 最高気温22度 水温:21~22度 透視度:湾内10~15m 外海10~15m

今日も暖かく、過ごしやすい一日でした! 太陽

数日前、
早くも水温が20度を切った時には
ビックリでしたが、
再び水温が上昇手書き風シリーズ矢印上しましたので、
ウェットでもまだまだ行けますよー!

20091030_100707.jpg Wannai Depth:21m
あったかいからか
ミジンベニハゼのペアも愛想がいいですよ~。

20091030_094820.jpg Wannai Depth:1m
どこからやって来たのでしょう?
南の子、ミカヅキツバメウオです。

新たにミツボシクロスズメダイの幼魚も
増えました。

20091030_104514.jpg Wannai Depth:5m
アカカマスの群れをはじめ、
湾内では
イサキやスズメダイやクロホシイシモチの群れが
いい感じです!

20091030_152654.jpg Monshita Depth:16m TL:10mm
イロカエルアンコウの幼魚。
このカラーはやはり人気ですね。

20091030_152106.jpg Monshita Depth:12m TL:60mm
近くには岩陰に隠れる
ベニカエルアンコウも見られました。

20091030_154452.jpg Ipponmatsu Depth:24m BL:15mm
ラベンダーウミウシ。
おしゃれなカラーリングですね。

20091030_155439.jpg Ipponmatsu Depth:6m BL:8mm
ジュズツナギコケムシでは
小さなコナフキウミウシが見られます。

20091030_154813.jpg Ipponmatsu Depth:20m
クリーニング渋滞ができていた
アカホシカクレエビです。

甲殻類も多く、
カゲロウカクレエビ・アカスジカクレエビ・オドリカクレエビ・クダヤギクモエビ・アシボソベニサンゴガニ・ホシベニサンゴガニなどが見られました。

20091030_160930.jpg Ipponmatsu Depth:4m
台風襲来前からここに住んでいる
アミメサンゴガニです。
安全停止中の観察にもってこいだけど、
宿主の成長で
ちょっと見づらくなってきました。

でっかいエチゼンクラゲも
観察されてるようですね~。
モデル入れて撮りたいもんですね~。

あと、
ガイドメンバーが見つけた
クサハゼの近似種である
ヤツシハゼ属の一種
「 Vanderhorstia nobilis 」
が撮影されました。
どうやら北限記録になるようです。

この週末は何が現れますかね~?
自分も何か探さなきゃ・・・。 ファイト
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

カゲロウカクレエビ タマガワコヤナギウミウシ

2009.10.25
20091025_152950.jpg

天候:くもり 風向:北東風 最高気温18度 水温:19~20度 透視度:湾内5~8m 外海8~10m 先端7~10m

北東の強い風が吹いて、
肌寒い一日でしたが、
東伊豆のポイントが荒れたせいで
大瀬崎はたくさんのダイバーで
賑わいました。

写真↑のカゲロウカクレエビは
外海ではよく見られるようになりました。

20091025_160558.jpg
ジュズツナギコケムシでは
タマガワコヤナギウミウシが見られます。

20091025_092724.jpg
定着してるベニカエルアンコウです。
他に白っぽい個体も見られました。

20091025_160106.jpg
クモガニ属の一種をはじめ、
甲殻類も増殖中でーす!

20091025_093014.jpg
かわいいアオサハギも
よく見られています。
カメラの被写体として人気です。

20091025_094140.jpg
タコベラがひれを広げて
ホンソメのクリーニング待ちをしてました。

前日はマリンダイビングの
デジカメフィールドフォトコンテスト
も開催されました。
ご一緒した常連ゲストは
準グランプリを獲得しました!
おめでとーございま~す!!

被写体、たくさん用意して
大瀬でお待ちしてまーす!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

クマドリカエルアンコウ

2009.10.18
20091018_150734.jpg Tamazaki Depth:26m TL:9mm

天候:晴れ 風向:東のち西風 最高気温21度 水温:21~22度 透視度:湾内5~8m 外海5~10m 先端5~10m

少し雪を冠った富士山がくっきりと見える
いい天気でした~! 太陽

渋滞ができそうな生物も
いろいろ増えてますよ~!
情報を教えてもらって
黒クマ君にも会ってきました。
キツネメも登場で
大瀬もこれから熱くなりそうっすねぇ! ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

20091018_131640.jpg
Mさん、今回もありがとうございましたー! Brilliant

透明度も前日より良くて
体験ダイビングの方にも
たくさんの魚を見てもらうことができました~!


10月19日(月)より潜水時間が
冬時間に変更です!


湾内・外海 7:00~16:00
先端     9:00~16:00
ナイト    18:00~20:00


時間遵守で秋の大瀬を楽しみましょう 笑い。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

アオウミガメ

2009.10.12
20091012_114442.jpg

天候:晴れ 風向:東風 最高気温21度 水温:21~22度 透視度:湾内3~8m 外海5~10m 先端5~10m

朝のうちはけっこうな視界不良でしたが、
後半はやや回復して
ある程度の水深に行くと
10m位の透視度がありました。
でも全体的に白濁してます。

柵下以外の外海を潜るには
ゴロタ上を歩かなくてはならない状況ですが、
波打ち際の藻はないので
場所によってはEN&EXしやすいですよ・・・。

20091012_111812.jpg Monshita Depth:20m BL:30mm
ニシキウミウシ幼体です。

20091012_165031.jpg Sakushita Depth:12m
前日からウミガメの目撃情報が相次いでいて
たくさんのダイバーがウミガメに会っていました。
ウミガメは大瀬崎でも何度か見ましたが、
近寄ってゆっくり撮影できることはなかったので、
人馴れした奴なのかなぁ?・・・と思いながら、
前情報をもとに、夕方探しに行きました。
・・・で、岩の陰で眠ってるウミガメ発見!

20091012_165216.jpg
前脚には「JPN35999」と刻印された識別用タグが・・・。
どっから来たんでしょうかねぇ。

20091012_165251.jpg
とっても眠そうな顔をしてました。
起こしてゴメンね~。

寒くなってきましたが、
連休は晴天に恵まれて良かったですねー 太陽
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

10月10日 台風18号通過後の大瀬崎

2009.10.10
20091010_072700.jpg

数年ぶりに外海のコンクリートスロープが損壊です。
写真↑は大川下です。

大瀬崎周辺の陸地では
それほどの被害はでませんでしたが、
勢力の強い台風18号は大きなうねりをつくり
海には多大な被害がでました。

20091010_073022.jpg
一本松の状況です。

20091010_072942.jpg
門下です。
手前のゴロタ地帯を渡れば
意外にエントリーしやすいです。
滑る藻も今はないので・・・。

20091010_072925.jpg
タマザキ方面は
人の侵入を拒んでるかのように
草木が散乱してます。

20091010_072638.jpg
歩道にまでゴロタ石が打ち上がりました。

20091010_074353.jpg
海中はというと・・・
水深3m以浅は壊滅状態です。
ギンポ団地も目印の岩もリセットです。
「誰か生存者はいるか~」
と叫びたくなりましたが、
水深10mのベニカエルアンコウは健在でした。

20091010_075738.jpg
オオアカヒトデには小さなヒトデヤドリエビが・・・。

20091010_074202.jpg
岩陰にはキヘリキンチャクダイ×キンチャクダイ・・・。

20091010_151116.jpg
湾内のヒレナガネジリンボウ&ネジリンボウです。
透明度は全体的に5~8mですが、
湾内の地形はほとんど影響なしです。
砂利は流されましたが・・・。

20091010_150711.jpg
オドリカクレエビやミジンベニハゼは健在でした。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.