AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】

あくえあー ~ うちやまぶろぐ
Home大瀬崎 | 大瀬崎以外 | 貝類 | 水族館 | アイテム |  |  | テーマパーク・公園 | 温泉 |  | 酒と肴 | モブログ | トピックス | イベント | 未分類 

2013年02月の記事一覧

2月27日 ミナミゴンベ サガミウミウシ

2013.02.27
水温は13度と冷たい海でした。

c20130227_071044.jpg
オキゴンベより少ないですが
大瀬崎では周年見られるミナミゴンベ。

c20130227_072315.jpg
サガミウミウシ。

c20130227_072044.jpg
サガミミノウミウシ?背面にラインがありません。

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月25日 大瀬崎 イトヒキコハクハナダイ

2013.02.25
天候:晴れ 風向:東のち西風 最高気温:7度 水温:13~14度 透視度:湾内10~12m 外海12~15m

外海には若干の波がありましたが潜水可能でした。
気温は低めでしたが、空気が締まって景色がきれいでした。
風は穏やかで、日が当たる場所は意外に暖かでしたよ。

c20130225_071918.jpg
若いイトヒキコハクハナダイに会えました。
ちょっとシャイな子でした。

c20130225_073548.jpg
イソウミウシの仲間が岩の上を移動中でした。

c20130225_071420.jpg
オーストンフクロウニ上にはカゴウニカクレエビが見られました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月24日 ゴマフビロードウミウシ イバラタツの幼魚

2013.02.24
c20130224_102846.jpg Sentan 12m 15mm
人気のゴマちゃんことゴマフビロードウミウシです。

c20130224_105551.jpg Sentan 15m 5mm
海藻の間をミノウミウシの仲間が移動してました。

c20130224_141348.jpg Wannai 14m 15mm
オビアナハゼの幼魚が海藻に隠れていました。

c20130224_142049.jpg Wannai 14m 35mm
常連ショップさんが教えてくれたイバラタツの幼魚です。
元気に育って欲しいですね~。

c20130224_075837.jpg Wannai 22m 25mm
ミズタマウミウシを撮影中のゲストさんのライトを
逆光でいただきました~。

他に、ホウボウyg、大きなスズキ、ミジンベニハゼ、メイタガレイyg、ハクセンアカホシカクレエビ、アカホシカクレエビ、ヤリイカの卵塊、ヒメイカ、セトミドリガイ、ツルガチゴミノウミウシなどを観察しました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月23日 スイートジェリーミドリガイ

2013.02.23
c20130223_131621.jpg Ohkawashita 15m 5mm
岩の側面についていた小さ~いスイートジェリーミドリガイです。

c20130223_103633.jpg Wannai 16m 10mm
ヒメクロモウミウシでしょうか・・・
とにかくずっ~とホバーリングしてました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月22日 シビレエイ スミゾメミノウミウシ

2013.02.22
c20130222_142402.jpg Ohkawashita 25m
やや小ぶりなシビレエイ。

c20130222_142723.jpg Ohkawashita 32m
やや深場ではジボガウミウシがたくさん見られています。

c20130222_143207.jpg Ohkawashita 32m
センナリウミヒドラには
スミゾメミノウミウシと卵塊がたくさん。

c20130222_083900.jpg Wannai 6m 10mm
砂地を移動するカラスキセワタがよく見られています。

c20130222_083613.jpg Wannai 6m 8mm
渋すぎる色合いのトモエミノウミウシ属の一種。

c20130222_085105.jpg Wannai 2m 3mm
すごく小さなオカダウミウシ。
フクロノリの上を移動中でした。

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月20日 ミズタマウミウシの産卵

2013.02.20
c20130220_111037.jpg Wannai 19m
大きなミズタマウミウシがコケムシの仲間に産卵中でした。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月18日 大瀬崎 カメガイの仲間

2013.02.18
天候:雨 風向:西弱風 最高気温:11度 水温:15~16度 透視度:湾内12~18m 外海12~18m
雨のため、海中はやや暗いものの透明度は良好でした!

c20130218_073810.jpg

c20130218_074010.jpg Wannai 1m 10mm
有殻翼足目カメガイ科のクリイロカメガイでしょうか。
最初、死んでるように動かなかったのが、
チョンとつついた瞬間、ものすごい勢いで泳ぎだしました。
疲れて動きが鈍るのを待ってましたが、
全く止まる気配なし・・・小さいのにすごい体力です。
上の2枚の写真を交互に見てもらうと
パタパタと泳いでいる姿がわかりますよ。

c20130218_142414.jpg Wannai 2m 5mm
フクロノリの上にいた小さなコノハミドリガイです。

c20130218_140523.jpg Wannai 2m 5mm
これも小さなシロミノウミウシ。

c20130218_074616.jpg
コネコウミウシも何個体も見られました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月15日 ガンゾウビラメ属の一種

2013.02.15
c20130215_073443.jpg Wannai 25m 25cm
この時期は大きなヒラメをよく見かけますが、
こちらは同じヒラメ科のガンゾウビラメの仲間です。

c20130215_073854.jpg
大瀬でよくある光景。
何かを撮ってるとミノカサゴが
餌があるのかと思ってか、近くに寄ってきます。
小さな生物を撮っている時には
横から食べらてしまわないように注意が必要ですが、
彼らにとってこの獲物は大きすぎたようです・・・。

c20130215_075552.jpg Wannai 6m 40mm
ホウボウの幼魚も成長が早くて
見るたびに大きくなってます。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

ユリウツボ セミホウボウ

2013.02.11
c20130211_103312.jpg Sentan 20m
普段は深い所にいることが多いユリウツボ。

c20130211_140847.jpg Wannai 2m 4mm
ホソヒラムシの仲間。

c20130211_142811.jpg Wannai 10m 100mm
湾内のセミホウボウ。

c20130211_150042.jpg Wannai 6m
ホウボウの幼魚もすくすく成長してますよ!
ゲストさんリクエストのゴマフビロードウミウシにも会えました!
おつかれさまでした!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月10日 大瀬崎

2013.02.10
天候:晴れ 風向:東のち南西弱風 最高気温:9度 水温:13度 透視度:湾内15~20m 外海10~15m 先端15~20m
外海より湾内や先端の方が透明度のいい日でした。

c20130210_131230.jpg Wannai 13m
アカカマスもまとまっていて
いい被写体ですよ!

c20130210_103547.jpg Sentan 27m
前日のキアンコウは見当たらなかったので
先端のアンコウを見に行きました。
水中ですれ違った他店のガイドさんが
27mにいたよ~、と教えてくれたのですぐに会えました。
ん?だけど前日見た個体と違うんですよね・・・??
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月9日 アンコウ キアンコウ

2013.02.09
水温は冷たいですが、引き続き視界は良好です!

20130209_094925.jpg
常連KTさんの記念ダイブでした。
おめでとうございますっ!

20130209_101452.jpg Sentan 25m
写真のお二方の他にアンコウ運のあるゲストさんとチームを組んで
リクエストのアンコウを探しに行きました。
そして見事にアンコウゲットです。
見づらいですが、写真の下にアンコウが写っています。
・・・旗にもアンコウがいるんですよ・・・

20130209_103148.jpg sentan 8m
チーム内に「ひろ」が2名いるので
ヒロつながりで撮ったヒロウミウシです。

ゲストさんとの2本目の打ち合わせの中で
門下へ行ったらサークル岩のタマザキ側でキアンコウ捜索しよう、
なんて話していたら、
ちょうどそのあたりですでに観察されているとの情報を
他店のガイドさんにもらいました。

20130209_125336.jpg Monshita 20m 960mm
ということで大きなキアンコウにも会えました!
見た感じ1m位ありそうです。
こんな時のために大もの生物測定用のスケールを作っておいたんですが
相変わらずの忘れっぽさで店に置いてきてしまいました。。。
なので、エキジット後に常連ショップさんに測ってきてもらうよう頼みました。
その結果は96cmというビッグサイズでした~。

c20130209_125741.jpg
種の同定ポイントのひとつ、上膊棘の写真です。

c20130209_125656.jpg
寄生性のグソクムシの仲間もついていました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月8日 カミナリイカ イトヒキハゼ

2013.02.08
c20130208_072704.jpg Wannai 21m
海藻の茂る砂底の上で見られたカミナリイカ。

c20130208_073118.jpg Wannai 21m 120mm
大きく成長したイトヒキハゼです。

c20130208_074753.jpg Wannai 4m
夏~秋は大きなスズキがたくさん見られましたが、
最近はあまり見かけないですね~。

c20130208_145805.jpg Wannai 8m
アカカマスは以前よりまとまって行動しています。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月7日 アカクラゲ ホソヒラムシ属の一種

2013.02.07
20130207_142509.jpg Wannai 19m
湾内でカスザメに会えました!
砂を払って姿を見せてもらいましたが・・・

20130207_142520.jpg
すぐに潜られました・・・。

20130207_143844.jpg
春の代名詞、アカクラゲの小さい個体が見られました。

20130207_143107.jpg
海藻の上のシマヒメヤマノカミ。

20130207_071531.jpg
水面付近のオキアミの仲間。
発光器が確認できます。

20130207_074943.jpg Wannai 2m 3mm
とても小さなホリミノウミウシ属の一種。

20130207_072936.jpg Wannai 3m 75mm
アナゴ類のレプトケファルス(葉形仔魚)。

20130207_135538.jpg Wannai 2m 11mm
フクロノリ上で見られたホソヒラムシ属の一種(Prosthiostomum sp.)。
(アミダホソヒラムシ Prosthiostomum komaii 2017.3.13追記)

水はまだ冷たいですが、視界良好で青い海が楽しめますよ~!
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月6日 ナマハゲミノウミウシ(仮称)

2013.02.06
20130206_071520.jpg Monshita 12m
ポリプの開いているヤギ上にナマハゲミノウミウシ(仮称)。

20130206_073738.jpg Ipponmatsu 23m
ウツボが3個体かたまってました。

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

2月3日 大瀬崎 キアンコウが3個体!

2013.02.03
天候:晴れ 風向:東のち西弱風 最高気温:12度 水温:13~14度 透視度:湾内12~15m 外海10~15m 先端12~18m

前日の雨や強風の変化激しい天候から一変、
穏やかな大瀬崎に戻りました。
外海にはウネリが残り、潜水注意でした。

本日はゲストさんからリクエストのあった
キアンコウを探しに行きました。

c20130203_130305.jpg Ipponmatsu 17m
かれこれ2週間観察されている個体を見に行きました。
予想通りのカメラマンが撮影中でしたが、
ウネリのせいか人数は少なめ。
少しだけ順番待ちして観察・撮影できました。

その後、少し沖へ出て大川方面へ流していると
向こうから一人のダイバーと何かの魚が泳いできました。

c20130203_074038.jpg Ipponmatsu 22m
そうなんです。またしてもキアンコウです!
泳いでる姿は立体感があって新鮮です。
大川下沖30m付近で泳いでいるキアンコウに出会ったダイバーが
次のダイバーに引継ぎ、ここまで並走?並泳?してきたそうです。
その後着底して、エスカをブンブン振り回していました。

2ダイブ目はハナダイを観察しがてら、
前日にキアンコウがいたというあたりに行ってみました。
ダイバーもいないし、もういないかなと思いつつ探してみると

c20130203_100028.jpg Sentan 17m
まだいてくれました~ 

以上はすべて80cmオーバークラスの個体でした。
このサイズがこんなに見られるのは大瀬では稀なんですよ。
当り年なんでしょうか?
幼魚も当り年になると面白いですね。

ということで、なんと3個体のキアンコウに出会えた一日でした!
ゲストさん、おつかれさまでしたっ 
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

2月1日 ミアミラウミウシ ヘラヤガラ

2013.02.01
c20130201_142020.jpg Monshita 15m 12mm
小さなミアミラウミウシ。

c20130201_143251.jpg Monshita 10m 180mm
寒くて動けないのか?
寄っても逃げようとしないヘラヤガラ。

c20130201_142805.jpg Monshita 15m
ヒメセミエビの抜け殻の上のサラサエビ。

c20130201_141421.jpg Monshita 32m 12mm
黒いコミドリリュウグウウミウシかと思いましたが
触角や二次鰓の先が紫じゃないので
とりあえずニシキリュウグウウミウシ属の一種。

湾内ではウキビシガイが目立ったので、
砂地止めの石垣からエキジットまで
何個体いるかざっと数えたら
40個体を超えてました。
テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ
大瀬崎    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©AQUAIR 【大瀬崎とダイビングと・・・】 All Rights Reserved.